(2018年10月07日~) サイト移転によりURLが変わっています。トップは「http://diamondshp.starfree.jp/」です。
日本版コードに変換

スマブラDXのUSA版コードや復号を,日本版コードに変換する方法を説明します。PAL版は非対応です。

 初期版(00)修正版(01)完全版(02) は,USA版ではそれぞれ Version 1.01.11.2 と書かれます。

 暗号NVBV-0716-V52B9 のような,PARに入力できる形。いわゆるコード。
 復号01234567 89ABCDEF のような,コードの内容そのものを表す16進数の形。→暗号・復号とは?
 ヘッダー … コードの1行目のこと。バージョンや国の情報を含む。ヘッダーなしの復号を載せているサイトも多い。

ブラウザ (左) かダウンロードソフト (右),お好きなほうで変換できます。どちらも無料・日本語です。

ugnag page (GC用PAR暗号化スクリプト)GCNcrypt
http://ugnag.lar.jp/game/ps2-3/gc/
ugnag page のコンテンツ (管理人: ugnagさん)
https://ux.getuploader.com/0603/download/252/
↑からダウンロードできる無料ソフト (作者: Parasyteさん)
・ブラウザ上で使える (ダウンロード不要)
・復号を扱う必要がないときは変換がカンタン
・復号を扱うときは,下の二つの設定を使い分けられて便利
 1. ヘッダーをコードIDランダムで自動生成できる設定 (大量のコードでも楽)
 2. ヘッダーを手入力で編集できる設定 (コード毎に版が違ってもコンパクト)

▼変換したいコードはどんな状態で載っていますか? 場合に応じたリンクをクリックしてください (ページ内移動)。

変換元のコードの状態例えば?日本版コードへの変換方法
もともと暗号
=ヘッダーがある
U7ZE-KEGM-Y7U5Z
JR3K-U29H-U6BHT
ugnag page
を使うとき

[ケースA]
GCNcrypt
を使うとき

[ケースC]
もともと復号で,
1行目の始めの4ケタが下のどれか
 初期版(00)00080344
 修正版(01)01CC037C
 完全版(02)01C402AA
(それぞれ左がUSA版,右が日本版)
=ヘッダーがある
例1 00081234 08000000
024D473C 00000602
例2 037CABCD 28000000
040D1388 60000000
040D1D24 60000000
もともと復号で,
1行目の始めの4ケタが上以外
=ヘッダーがない
例1 024D473C 00000602 ugnag page
を使うとき

[ケースB]
GCNcrypt
を使うとき

[ケースD]
例2 00000000 844DB3D9
40000000 00FF0001

変換時に注意すべき点は,ヘッダーの行があるかどうかです。
 暗号ならば必ずヘッダーがあります。復号を載せているサイトはヘッダーを抜いていることが多いです。

[ケースA] ugnag page (GC用PAR暗号化スクリプト) で ヘッダーつきの暗号/復号 を日本版コードに変換する
 
 もともと暗号のとき,あるいは
 もともと復号で1行目の左4ケタが 000801CC01C40344037C02AA のどれかのとき

(1) 暗号化オプションを↓のように設定します。

 GameID: 初期版(00)なら1A2修正版(01)なら1BE完全版(02)なら155と入力 
 Region: JP / CodeID Auto: チェックしないヘッダーを加える: チェックしない 

(2) <入力エリア>に元の暗号/復号を貼り付けて [暗号化] を押すと,<結果表示エリア>に日本版コードが出ます。これで完了。
 :m=false ~ e=default はヘッダーの情報なので,ここでは気にしなくてOKです。

ugnag page,ヘッダーつきの例

▲ugnag pageのスクリプト,初期版(00)の例。左はUSA版コードで,右は変換後の日本版コード。
コード名はなくてもOK。複数コードを同時変換するときは,コード間に1行以上の間隔を空ける。

{補足}

・ugnagさんのスクリプトでは,ヘッダーのバージョンを表す値を手入力で変えても,暗号化オプションが優先されます。
 別バージョンのコードを同時変換したいときは,各コードの上にオプション行を書き足すと,それらが優先されます。
  オプション行: 初期版(00)なら:g=1A2修正版(01)なら:g=1BE完全版(02)なら:g=155

・GCNcryptを使う [ケースC] の方法では,ヘッダーを手入力で書き換えられる設定にできます。

[ケースB] ugnag page (GC用PAR暗号化スクリプト) で ヘッダーなしの復号 を日本版コードに変換する
 
 もともと復号で,1行目の左4ケタが 0008,01CC,01C4,0344,037C,02AA 以外のとき

(1) 暗号化オプションを↓のように設定します。

 GameID: 初期版(00)なら1A2修正版(01)なら1BE完全版(02)なら155と入力 
 Region: JP / CodeID Auto: 関係なし / ヘッダーを加える: チェックする 

(2) <入力エリア>にヘッダーのない復号を貼り付け,その復号の上に「:c=****」というオプション行を書き足します。

 **** (コードID) には,何でもいいので何か4ケタを入れます。(16進数 … 0,1,2,3,4,5,6,7,8,9,A,B,C,D,E,F のどれか)
  123Aでも7777でもBEEFでも何でもOKですが,自身のもつ他のコードの4ケタと被らない値にしてください。
 ここが同じ値のコードをPARに複数登録すると,後から登録した同じ値のコードが,PARの次の起動時に消えてしまいます。

(3) 最後に [暗号化] を押すと,<結果表示エリア>に日本版コードが出ます。これで完了。
 ヘッダーの行が自動的に加わるので,行数が1行だけ増えます。
  暗号の1行目はコードIDによって変わりますが,効果は同じなので問題ありません。

ugnag page,ヘッダーなしの例

▲ugnag pageのスクリプト,初期版(00)の例。左はコードIDを表す行を加えた復号で,右は変換後の日本版コード。
コード名はなくてもOK。複数コードを同時変換するときは,コード間に1行以上の間隔を空ける。

{補足}

 GCNcryptを使う [ケースD] の方法では,コードIDをランダム生成できるので,より楽にヘッダーを追加できます。
 ugnagさんの「CodeId Auto」では,同時に変換したコードに毎回上から0001,0002,0003,…と順に番号がつくため,
 変換を繰り返すうちに0001や0002が大量に被ってしまい,いまいち使えません (批評ごめんなさい)。
[ケースC] GCNcryptヘッダーつきの暗号/復号 を日本版コードに変換する
 
 もともと暗号のとき,あるいは
 もともと復号で1行目の左4ケタが 000801CC01C40344037C02AA のどれかのとき

(1) IDの自動設定チェックを外します。このとき,ゲームID・地域 の設定は反映されません。

(2) 下の流れで (i) 復号化(ii) ヘッダーの書き換え (バージョンで違う値)(iii) 暗号化 を行います。
 復号の状態から変換したいときは (ii) からスタートしてください。
  コードが何行あっても,日本版変換で書き換えるのは一番上のヘッダーの行だけです。

もともとはUSA版コード (暗号)
 デバッグコードの例→
初期版(00)修正版(01)完全版(02)
U7ZE-KEGM-Y7U5Z
JR3K-U29H-U6BHT
Y41Q-2EV1-HAV3P
P5A0-GP46-M8EB7
K3KF-4E1J-EQJXM
TDA5-YA0R-8947W
(i) USA版コードを入力側に貼り付けて
     [復号化] を押す
0008**** 08000000
024D473C 00000602
01CC**** 08000000
024D5B9C 00000602
01C4**** 08000000
024D68BC 00000602
(ii) 復号を入力側にコピペして
      ヘッダーを日本版へ書き換える
0344**** 28000000
024D473C 00000602
037C**** 28000000
024D5B9C 00000602
02AA**** 28000000
024D68BC 00000602
(iii) [暗号化] を押すと
       日本版コードが出力される (完了)
G0V6-2CKJ-GHXUG
JR3K-U29H-U6BHT
85KT-ZMRU-KWYJT
P5A0-GP46-M8EB7
7NYG-YKWQ-QV338
TDA5-YA0R-8947W

 **** (コードID) にはもともと何か4ケタが入っていますが,元の値のまま,変えなくてOKです。
  ここが同じ値のコードをPARに複数登録すると,後から登録した同じ値のコードが,PARの次の起動時に消えてしまいます。
   もしダブりに気付いたら,値を変えてください。(16進数 … 0,1,2,3,4,5,6,7,8,9,A,B,C,D,E,F のどれか)
  暗号の1行目はコードIDによって変わりますが,効果は同じなので問題ありません (上の暗号は1234の例)。

GCNcrypt,ヘッダーつきの例

▲GCNcrypt,(iii) のステップ。左は日本版ヘッダーつきの復号で,右は変換後の日本版コード。
コード名はなくてもOK。複数コードを同時変換するときは,コード間に1行以上の間隔を空ける。

{補足}

・ugnagさんのスクリプトを使う [ケースA] の方法では,
 USA版の暗号でもヘッダーつきの復号でも,[暗号化] のワンクリックで日本版コードに変換できます。

・復号を入力側にコピペする際にあえてヘッダーの行を抜かせば,[ケースD] の方法 (コードIDランダム生成) で変換できます。

[ケースD] GCNcryptヘッダーなしの復号 を日本版コードに変換する
 
 もともと復号で,1行目の左4ケタが 0008,01CC,01C4,0344,037C,02AA 以外のとき

(1) IDの自動設定 のチェックをつけ,↓のように設定します。

 ゲームID: 初期版(00)なら1A2修正版(01)なら1BE完全版(02)なら155と入力 
 地域: Japan 

(2) ヘッダーなしの復号を入力側に貼り付けて [暗号化] を押すと,日本版コードが出力されます。これで完了。
 ヘッダーの行が自動的に加わるので,行数が1行だけ増えます。
  ランダムなコードIDにより,暗号化の度にコードの1行目が変わりますが,効果は同じなので問題ありません。

GCNcrypt,ヘッダーなしの例

▲GCNcrypt,初期版(00)の例。左はヘッダーなしの復号で,右は変換後の日本版コード。
コード名はなくてもOK。複数コードを同時変換するときは,コード間に1行以上の間隔を空ける。

{補足}

 IDの自動設定 のチェックを外すと,日本版のヘッダーを手入力で追加でき,
 バージョンの違うコードでも同時変換できます (ヘッダーの値は [ケースC] (ii) を参照)。
(ページ公開: 2019年09月01日)
counter